私たちについて

ホーム私たちについて
ようこそ小田双葉幼稚園へ

川崎区小田で、60年以上地域の方々に助けていただきながら、子どもたちの成長を見守ってきました。この3月までに巣立っていった卒園生は5,000名を超えました。きっと社会の中で頑張ってくれていることと思います。
時代は変わっても、子どもを育てる上で大切なことは変わらないと思います。
これからも、保護者の方々と知恵と力を出し合いながら、かけがえのない子どもたちの大切な幼児期を見守っていきたいと考えています。

小田双葉幼稚園は、平成27年4月より始まった「子ども・子育て支援新制度」に 移行しました。教育方針は変わりませんが、保育内容は一層充実させていきたいと考えています。
また、令和元年10月より、幼児教育無償化により、保育料の保護者負担はありません。給食費・バス代等、詳しくは、入園説明会その他でお伝えします。
名称 小田双葉幼稚園
代表者 園長 宇井 幸子
所在地 〒210-0846 川崎市川崎区小田5-25-8
連絡先 電話 044(322)3380
職員 職員 13名
人数 令和3年度 年少27名 年中27名 年長29名 (4月1日現在)
沿革 昭和29年6月 創立
        初代園長 増子 義正就任
昭和48年4月 二代目園長 岡島 百合子就任
昭和58年4月 三代目園長 宇井 健二就任
平成 9年4月 四代目園長 宇井 幸子就任
平成26年   60周年を迎える
平成27年4月 子ども・子育て支援新制度・施設型幼稚園に移行
教育方針 本園の教育は「意欲」と「思いやり」のある人格の持ち主を育てる教育です。
少人数で家庭的な保育をモットーにしています。
「情操」教育として、音楽とリズムを楽しみながら、鼓笛の指導をしています。鼓笛演奏を通し、協調性、責任感、集中力を養い、美しい心、思いやりのある心を育てています。
ページの先頭へ